行動力を高めるためには「減点法」はやめなきゃだめ

どうも、ほりぴーです。

寝苦しい日々が始まりましたね。仙台も寝苦しいです、体にまとわりついてきます。。

暑さ耐性は高い方だと思うんですけどね。寝れないのは辛い。夏は好きだけどそこだけがネックですね。

行動力はあったほうがいいとは思うけど・・・

今日は「行動力」について。

世の中には行動力のある人とない人がいる。その差って何なんだろうってこと。

たぶん大多数の人が行動力があったほうがいいって考えていると思います。ぼくもそう。絶対に行動力があったほうがいいって考えてます。

行動すると新しいことが舞い込んでくるから。自分から行動しないとなかなかそれはない。

行動してみるとこんなことがあるよって一例は以下の記事でわかります。

自己開示してみることが新たな出会いのはじまりなんじゃないの?

自分から行動するってことは波を起こすってこと。

波のない池に石を投げ入れれば波が広がっていって岸にぶつかった波はまた戻ってくる。そんなイメージ。

だから新しいことに挑戦したいとか新しい出会いがほしい、いろんな人と関わって成長していきたいって人は自分から行動を起こしてみること。

自分で石を投げなきゃ波は起こんないから。

いきなり100点を目指すのは

行動できない人に多いこと。

「常に100点を取ろうとしてしまう」ってこと。

「100点のものじゃなきゃばかにされちゃう」とか「100点じゃなくっちゃ恥ずかしい思いをしてしまう」とか「100点じゃないものを提供するなんて失礼なんじゃないか」とか。

そういう思考が邪魔をして行動できない人が多い。

けどそんなの全然気にしなくっていいでしょ。そんなことを気にしててもっと大きなチャンスを逃すなんてもったいない。

100点じゃないものを自分から発信してみたところでなにも困ったことは起こりません。

ばかにされることも恥ずかしい思いをすることも「失礼だ!」って怒られることも。このブログを書き始めてみて一切そういうことは言われていません。

まあ、まだそんなに多くの人の目に触れていないからっていうのもあるけど。そこは今回は考えない。そういう屁理屈禁止!

100点を目指すのは悪いことではないけれどいきなりそれを目指しちゃうのは絶対ダメ。

行動できない人の典型だから。

減点法思考はやめなきゃだめ、絶対

100点を目指す人の思考法って「減点法」なんですよ。これは断言できる。頭の中でミスをするたびに点数を減らしていってるんです。

そういう人はなにかを始めるときに100点(つまりは理想)が頭の中にあって、それに進んでいく自分なりの道筋も見えている。だからあとはそれの通りにやっていけばいい!って思ってる。

けどその道筋からちょっとでも外れてしまうともう100点には届かないことになっちゃうからそこで心が折れちゃう。行動できない。

行動したとしても小さくまとまっちゃう。リスクを取れない。

なぜなら減点が怖いから。

ぼくもかつては減点法思考でした。大学進学の際の大学選びがまさに減点法。

高校時代のぼくは「将来の自分のために自分自身の選択肢を狭めないようにしよう。」と考えていました。

なりたい職業、入りたい会社がはっきりとした時に自分の中にそれを選択できる権利があること。それが大事でした。

それを実現するためには「偏差値の高い、世間の評価も高い大学に行くことだ!」と考えたぼくは受験時に自分がほぼ確実に受かる一番偏差値の高い今の大学を受験して進学しました。

この一連の大学選びにおけるぼくの考え方がまさに減点法。

自分が望まない大学に進んでしまったら将来の選択肢を減らすことになってしまう。だから偏差値の高い大学に行かなければ。

はい、典型的な減点法です。

自分の100点がスタート地点でそこから外れるたびにマイナスになっていくって考え方でした。

今の大学に進学したこと自体は全然後悔していないけれど、もったいない考え方をしていたな〜と考えてます。

 

減点法の人は行動できません。

なぜなら行動すれば減点してしまう可能性があるから。

逆に言えば行動しなければ減点はされないから。(往々にして減点法思考の人は実際には行動しなくっても減点されていくのに気づいていない)

行動できない人はまずは100点をいきなり目指すのをやめる。

これがとっても大事。20点でも50点でもOKだから、まずは行動してみる。

減点法をやめればスタートするときはだれでも0点だってことに気付ける。そうすれば0から20なり50なりにすることができてるんだからなにも恥じることなんてないことがわかる。

理想が高すぎる、100点を目指しすぎるってことは自己肯定感を下げてしまうことにつながる。

これ人生の先輩が言ってたことだからきっとそう。

自己肯定感が低いことは絶対によくない。その理由はまたの機会に話すけれど。

100点をいきなり目指してしまう、100点じゃなきゃだめだって考えは自分の行動にストップをかけてしまう。やめましょう。

行動を起こすために100点を意識しすぎない。

なによりも行動することがまずは大事だから。

減点法をやめて、自分を肯定してどんどん行動しましょう!

以上です!ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です