「必要なのは”好動力”」だって好きなものなら打ち込めるから

どうも、ほりぴーです。

昨日はブログの更新をしませんでした。時間を作り出せず。。。

でも、1日書かないともう書きたくってしょうがない。すっかりブログにはまっています。

さて今日は「行動力」について。

同世代の行動力を引き出したい

「行動力」

あったほうがいい気がしますよね、行動力。

ぼくはどちらかといえば行動力がある方だと思います。

具体例をあげろって言われるとちょっと困ったりもするんですが、高校時代は生徒会長をやってましたし、秋からは世界一周に行く予定だし(あくまで予定だけど)。

まあ割とある方だと思ってます。あくまで自称ですけど。

そしてこのブログやTwitterなどのプロフィール欄に先日から「眠っている同世代の行動力を引き出す」って書いています。

これが今の自分のビジョン。一本の軸です。

これまたメンターのおさぴーから引き出してもらったフレーズであり、自分のビジョンです。

正直に言うと深く考えてでてきた言葉ではないです。おさぴーとのやり取りの中で自分からふっと出てきたものだから。

だけどそういうときに出てきたものだからこそ自分の深いところで大事にしていた思い。

認識することができた今はそんなことばっかり考えてます。

行動力を引き出すためにこのブログを発信しているし、自分の行動力も高めていっているところです。

行動力を高めるためには”好動力”にすることだ

行動力ってどうしたら高められるのか。

先日の記事ではまず減点法をやめようって話をしました。

関連記事:行動力を高めるためには「減点法」はやめなきゃだめ

今日はどうしたら自分から自発的に行動できるようになるのかを考えていきましょう。

まず行動力を高めるためには自分が没頭できる好きなものを見つけるってのが一番重要なことです。

好きなことなら没頭できる。

好きなことを見つけてしまえば、それをやりたいっていう「欲」がでてくる。だから自分の中から「欲」を引き出してしまえばこっちのもんってわけ。

だってなかなか欲には抗えないでしょう。

ぼくはいっつも欲に負けてます。。。

勝てないんだから利用してやればいいんです。

 

好きなものを見つける

それがやりたくってしょうがない(欲)

のめり込んでいって知らぬ間に行動力が高まる

 

この流れを構築すればどんどん行動力って高まります。好きなものの力ってすごいから。

ってぼくが文章で語らなくても好きなものに打ち込んだ経験って多くの人があるはず。

ゲームにはまってごはんも食べずにやり込んだとか好きな曲を見つけていつもいつも聞いていたとか。

どんなものでもいいけれど、なにかにのめり込んだ経験って絶対ある。

そのときの流れと一緒。なんらかわらない。

だから行動力を”好動力”にするんです。そうすればいいんです。

ぼくが本能的に「同世代の眠っている行動力を引き出す」って言ったのは、好きなものであればだれでも打ち込んで行動するってことを意識はせずとも理解していたからだと思うんです。

じゃなきゃ「眠っている」なんて表現を用いないと思うので。

だれにでも好動力はある。絶対に。

まずは好きなものを見つけることから始めていけばいいんですよ。

そうすれば自然と高まります、行動力。

いえ、好動力が。

好きなものの見つけ方はおいおい記事にします。見つけられないって人も多いと思うので。

ただ今日は行動力は好動力ってことを覚えてもらえれば嬉しいです!

ぼくのビジョンの「行動力」も”好動力”に変更しておきます。

以上です。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です