東京から名古屋まで!人生初のヒッチハイク体験記

人生初のヒッチハイクを行いました!

 

ほりぴー

どうも、ほりぴーです。

1ヶ月以上もブログをサボっていたので久しぶりの更新です。

実は昨日晴れてヒッチハイク童貞を卒業しました!

東京の用賀から名古屋の栄まで人生初のヒッチハイクしたんです!!!

 

今回はヒッチハイクの体験とヒッチハイクをするにあたって参考にしたサイトなどを紹介していこうと思います。

ふと思い立ってヒッチハイク決行〜!

なぜヒッチハイクをすることにしたのか。

特に理由はありません。笑

なんとなくおもしろうそうだったから、時間があったから。そんな感じです。

 

今回の目的地は名古屋!

なぜ名古屋かというと名古屋に会いにおいでと誘ってくださる方がいらっしゃったから。

東京に1週間ほど滞在していたぼくは、1度実家のある新潟に寄ってから行こうと考えていたのですが帰るタイミングを見失ってしまい東京での滞在日数が伸びて行き。。。

もうこうなったらこのまま名古屋に行けばいいじゃん!

と思いつき、どうやって行こうか考えた時に新幹線や高速バス、フェリーより先に”ヒッチハイク”が思いついたのでやることにしました!

うだうだ考え始めるとやらない理由ばかり思いついちゃうからね!

スタートはヒッチハイクの聖地”用賀”から

ふと思いついたためどこからなにをしていいのかわかりません。

とりあえずGoogle先生に「ヒッチハイク 東京」と聞いてみることに。

 

すると、用賀、用賀、用賀、用賀と用賀のオンパレード!

 

 

ほりぴー
せ、聖地”用賀”、、、!

要は用賀に行けばいいってことか!

単純。。。

そしていくつかのサイトを参考にするために読ませていただきました。

参考にしたサイト


100回して分かった、ヒッチハイクのコツ総まとめ|八木仁平オフィシャルブログ

ヒッチハイクの聖地”用賀”の攻略法教えます|学生よ、旅に出ろ。

ヒッチハイクの聖地「世田谷区用賀」|NAVERまとめ


上記のサイトはとてもわかりやすくって参考になりました。

 

そして翌日。

用賀へ!(写真撮ってない。。。)

駅の近くにある文房具屋さんでスケッチブックとペンを購入して、いよいよ聖地用賀のマクドナルドへ!

聖地でヒッチハイクスタート!2時間反応なし。。。

用賀の文房具屋さんで必要な道具を購入してマクドナルドへ向かいます。

聖地のマクドナルドへは用賀駅から歩いて約15分。

スケッチブックを小脇に抱えてウキウキで向かいました!

 

さてここでヒッチハイクについて調べて分かったコツがあります。

それは、

乗せてくれる人が停まりやすポイントに陣を張るということです。

ボードを掲げている人の存在に気がついて乗せてあげようと思っても停まりにくい場所に陣取っているから乗せてあげられないということが往往にしてあるそう。

だから停まりやすいポイントにいく。

これがとっても重要になります。

 

用賀のマクドナルドに着いたぼくは、まず近くの歩道橋からインターの入口を俯瞰してみました。

 

すると聖地である用賀のマクドナルドの脇でヒッチハイクをするのは得策でないことがわかりました。

用賀のマクドナルドはインターチェンジへの入口の脇に位置しているため車がスピードに乗っていることが多くすぐに車を停めることができません。

ほりぴー
マックの脇でヒッチハイクをするのはきっと成功率が低くなってしまうな。

ってあたかも自分が考えたみたいに書いてますが、先ほど紹介したサイトにバッチリ書いてあります。すみません。

ということでぼくは用賀のマクドナルドの脇ではなく、少し離れたスターバックスコーヒーの近くでヒッチハイクをすることにしました。

意気揚々とスタートするも全然反応なし。。。

陣取る場所も決定し、あとは始めるだけ!

ボードに大きく「名古屋方面」と書いて道端で掲げます。

 

掲げ始めて数分、名古屋ナンバーの車が!しかも運転手さんと目があった!

けど通過。

ほりぴー

名古屋ナンバーの車が思っていたより通るのでこれは意外とすぐにいけるんじゃないか!

あっさり終わったらつまらないな〜

と、このあと2時間もボードを掲げ続けることになるとはつゆ知らないぼくは思っていたのでした。

 

あっさり終わったらなんて考えてから1時間後。

ほりぴー
全然停まってもらえない〜、甘くみてた、日頃の行いが悪かったんだ。あああ。

と最初の勢いは無くなっていました。

ボードに書く目的地を近くにしてみる

開始1時間。全然反応が出ない。

どうしてだろう、どうしたらいいんだろうと考えていると前日の夜に調べたサイトに書いてあったことを思い出しました。


目的地より近くの分かりやすい地名を書くこと

もし東京から名古屋へ行きたいなら最初は「静岡」や「御殿場」あたりを書いてみましょう!

100回して分かった、ヒッチハイクのコツ総まとめ|八木仁平オフィシャルブログ


名古屋と書いていると方面は一緒だけど名古屋までは行かないからなぁと通り過ぎていってしまう人が多い。

車を運転しながら一瞬だけ目に入ってくる情報で判断するので名古屋とみたら名古屋まで行かないなと反射的に判断して通り過ぎていってしまう人がいるのです。

ということでボードには「名古屋」ではなく「御殿場」と書いて掲げ始めました。

 

さあ、御殿場にして40分。

 

相変わらず反応なし!うおおおお。。。

てことでもっと東京よりの地名にしよう。

Googleマップで東名高速を辿っていくと海老名という聞いたことのある地名が。

ゴールデンウィークとかお盆の渋滞情報でよく耳にしていた、あの海老名だ!

田舎者のぼくでも知っている海老名!これは海老名にかけるしかないっ!!!

でボードを「海老名」に変更。

 

開始から2時間近くたち、通り過ぎていく車を見送るのに慣れていた頃1台の車が停まってくださいました。

 

古谷さん
海老名まで?乗っていいよ。
ほりぴー
・・・・・ありがとうございまっっっっす!!!!!

その時はなんの前触れもなく訪れました。

嬉しすぎて一瞬なんのことだかわからず間がありましたが、人生初のヒッチハイク成功の瞬間でした!

初めて乗せていただけることに!

開始から2時間。

ついに初めて車に乗せていただけることになりました。

乗せてくださったのは不動産会社を経営している古谷さん。

なんで乗せてくださったのか聞いてみたら、

古谷さん
いい人そうだったから

いい人そうに生まれてよかったーーーーー、ありがとうお父さん・お母さん。

 

古谷さんのお車に乗せていただき用賀インターから東名高速に。

人生でこんなに楽しいドライブはなかったんじゃないかってくらいに嬉しくって、楽しかったです。

車中ではお互いのことやぼくの就活の相談にのっていただいたりととても楽しく会話をさせていただきました。

そして海老名が近づいた頃に古谷さんから、

古谷さん
せっかくだから海老名の先の足柄まで送っていってあげるよ

という提案。

ほりぴー
なんて優しい方なんだーーーー!

お言葉にはめちゃくちゃ甘えまくるタイプのぼくは古谷さんの優しい提案に甘えさせていただきました。

 

古谷さんの目的地は厚木。足柄は厚木の先にあります。

自分の目的地を過ぎてまでぼくを先に連れていってくれようとした古谷さん。

本当に本当に嬉しくって、心が満たされました!

そして無事に足柄まで到着。

送っていただいて、ぼくの心配までしてくださって感謝してもしきれないです。

最後に写真をとってお別れ。

古谷さん、本当にありがとうございました!

次はお仕事帰りのとび職の職人さんたちに

無事に足柄SAまで到着することができました。

そして次の目的地を「浜名湖」に設定。

そうです、少しずつ距離を稼いで行く作戦です。

 

高速道路のインターチェンジでも場所の基本は同じです。

車のスピードが出すぎていない停まりやすいところ。

足柄の従業員の方からオススメのポイントを教えていただきそこでボードを掲げ始めました。

 

開始10分。一台のトラックが停まりました。

 

親方

お兄ちゃん、乗ってくか?

ほりぴー
いいんですか!?ぜひお願いします!

 

ということで、茨城からの仕事帰りのとび職の親方さんたちのトラックに乗せていただけることになりました。

 

親方
なんで浜名湖に向かうんだ?
ほりぴー
最終目的地は名古屋なんですけど、名古屋と掲げると乗せてもらえる確率が低くなるので少しずつ距離を稼いでいます
親方
なんだ、俺ら名古屋まで行くよ。連れて行こうか?
ほりぴー
いいんですか!ありがとうございます!

 

なんと乗せてくれた親方さんたちは名古屋の方で2台目にして目的地の名古屋へと行けることになりました。

幸運!めちゃくちゃラッキーでした!

 

親方
お兄ちゃん、普段は何してんの?
ほりぴー
今は大学生でただ大学に通う毎日に飽きてしまって休学しています
親方
そうなんか。俺の子供だったらぶん殴ってるけどな。
ほりぴー
・・・・・・、そうですね〜。苦笑
親方
俺も中学生の頃に児童院を抜け出してヒッチハイクをしたことがあってな。まあ連れ返されたんだけども
ほりぴー
!!!

 

親方さんはぼくが想像できないような経験を話してくださいました。

いろんな楽しい話をして、ジュースを奢っていただいたりなどとてもよくしてくれた親方さんとひさしさん。

初めて乗る5人乗りのトラックの後ろで風に吹かれながら少しウトウトとしているとあっという間に愛知県。

名古屋に到着!!!

先に親方さんが自宅で降りて行かれ、運転してくださっていたひさしさんに栄の近くの駅まで送っていっていただきお別れ。

親方さん、ひさしさん、ありがとうございました!

今回のヒッチハイクを通して人の温かさを感じました!

東京の用賀から名古屋までのヒッチハイク。

2台3名の方のおかげで無事に名古屋まで到着することができました。

見ず知らずの男を車に乗せる。

見返りも求めずに初めて会った男を乗せてくださるのは優しさ以外のなにものでもないですよね!

そんな優しさに触れることができたとても有意義な時間でした。

新幹線や高速バスでの移動は楽だし速いです。

ただ時間をかけてヒッチハイクをしたことで出会えなかった方々と出会うことができて、人の優しさ・温かさに触れることができました。

こういう優しさがみんなに伝染していけばいいな〜と感じた出来事でした。

ヒッチハイク、楽しいですよ!

近々またやろうと思ってます!!!

 

以上。

ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です