【ドラキャン4日目〜スモールビジネス他〜】”切り口の工夫次第でどんなことでもビジネスになる!”

ほりぴー
髪を切りに行くタイミングを失って自分史上最長ヘアーのほりぴー(@horimoto61)です!

さあドラキャンもいよいよ4日目!

今日はマーケティング&コピーライティング&スモールビジネスについて学びました!

 

盛りだくさん!!!全部は触れられない。。。

てことで、今日は主にスモールビジネスについてまとめていこうと思います。

好き・得意・需要からスモールビジネスを見つける!

Skiing 1569135 1920

マイナスを0にするか、0をプラスにするか

まず押さえておきたいこと。

 

それは、世の中のサービスは大きく二つに分けれること


  • マイナスを0にするサービス
  • 0をプラスにするサービス

 

例えば、歯医者さんはマイナスを0にするサービスを提供しています。

歯医者さんのサービスは、歯が痛い(マイナス)患者さんに治療を施すことで歯の痛みを取り除きいつもの状態(0)へとしてあげます。

これはマイナスを0にする典型的なサービスですね。

 

一方、遊園地は0をプラスにするサービスを提供しています。

遊園地のサービスは、遊園地にやってくる人(0)を楽しませてあげる(プラス)サービスですよね。

何か困っていることがあるから遊園地に行って解決したいというお客さんは少ないです。

遊園地は0をプラスにするサービスと言えますね。

 

マイナスを0にするのか、0をプラスにするのか。自分のビジネスを立ち上げていく上で知っておかなければいけない要素ですね。

自分のビジネスを見つける方法

世間のサービスの多くがどんなタイプのものなのかわかったところで自分のビジネスを見つけていきましょう。

 

自分のビジネス(今回はスモールビジネスです)を見つけるのに有効な3つのステップがあります。


  • 「好き」「得意」「需要」の観点から思いつくサービスを上げる
  • 出てきたアイディアに「好き」「得意」「需要」それぞれ10点満点で点数をつける
  • ポイントの高い上位3つを選び出す

これでなにかしら自分のビジネスを見つけることができます!

 

 

さらにどんなビジネスをするのか選択する時の基準があります。


  • 得意好き型
  • ニーズ型

上記の2つの選び方があり、それぞれ向き不向きがあるんです!

 

順を追ってみていきましょう!

「好き」「得意」「需要」の観点から思いつくサービスを上げる

List 2579306 1920

まずはどんなビジネス・サービスをするのか決めていく必要があります。

なので最初は思いつく限りアイディアを出していきます。とにかくアイディアを出しまくります。これでもかと出しまくります。

 

この時に、「自分が好きなもの」「自分が得意なこと」「世間で需要のありそうなこと」を少し反映させるといいでしょう。

ただし、「自分にはできないな」とか「得意だと思ってるけど上には上がいるからな」とかっていう考えは捨ててください。

 

とにかくなんでも上げる!思いついたものはリストアップする!

もうアイディアが出てこないって思ってからも絞り出します。限界突破っっっ!

 

ということでファーストステップはとにかくアイディアを出し尽くすことです。

出てきたアイディアに点数をつける

次のステップは、出てきたアイディアに点数をつけることです。

 

自分が出したアイディアに関して、「好き」「得意」「需要」3つのポイントにそれぞれ10点満点で点数をつけていきます。

 

例:映像編集 好き:得意:需要=8:7:5

 

「好き」と「得意」は評価しやすいと思いますが、「需要」はなかなか点数を決めにくいかもしれません。時代や業界によって変化するものだからです。

 

しかしそんなに難しく厳密に考えずにまずは点数を決めてみましょう。誰も完璧にビジネスの先を読むことはできませんからね。

 

 

点数をつけたらそれぞれをかけ算して評価値を出します。

先の例で言えば、8×7×5=280となりますね。

 

足し算でも評価値は出せると思いますが、掛け合わせることでそれぞれのアイディアごとの評価値の差が大きくなり選択をしやすくなるので足し算ではなくかけ算をおすすめします!

ポイントの高い上位3つを選ぶ

Choice 2692575 1920

ここまできたらあとはどのアイディアを採用するのか選ぶだけです。

 

ただし、ポイントの高い上位3つを選ぶと書きましたが、厳密に上から3つ選ばなければいけないわけではありません。

 

評価値のポイントを参考にしながらも「得意好き型」「ニーズ型」という型を参考にして採用するものを決めていきましょう。それぞれどんなものなのか紹介します。

 


得意好き型…自分の好き・得意なアイディアを採用する。需要のポイントはあまり気にしない。
特徴:最初は需要が少ないため苦しい場面も多いが後々に大きく伸びていく可能性がある。

ニーズ型…需要のポイントに重点を置く。やりたいことがはっきりとしていない人に有効。
特徴:需要があるので初めからビジネスとして成立しやすい。


 

ある程度まで候補を絞り込んだ後は2つの型を参考にしながら最終的に3つを選び出すのがおすすめです。

 

得意好き型は自分のやりたいこと・ビジョンがはっきりとしている人ニーズ型はやりたいことははっきりとしていないがビジネスを持って社会の役に立ちたいという人に向いていると言えそうです。

 

この手順で3つのビジネスアイディアを選び出すことができました!

 

 

でもなんで一つじゃなくって3つなのか。

これにも理由があります。

 

一つはバタフライ効果

Peacock butterfly 1655724 1920

「バタフライ効果って何?」って方も多いと思いますが言い換えれば、「風が吹いたら桶屋が儲かる」です。(これでもわかんなかったらググってください。)

 

ビジネスの先を完璧に見通すことはできません。どんな人でも未来を読みきることはできないですよね。どういった影響で自分のビジネスが軌道にのるかわかりません。

だからいろんなチャンスをものにすることができるように複数のビジネスアイディアを出していく(今回は3つ)のがいいのです。

 

 

もう一つの理由は、どんなジャンルにも上には上がいるためです。先にビジネスを行っていた方が強いですよね。

一つの分野で太刀打ちできない相手がいたとしても複数の分野を絡めることで違うステージで勝負することができるようになります。

戦って勝てない相手には勝負を挑まない。違うステージを作り出してそっちで勝負をする。

そのためにも複数のアイディアを持ち合わせているのが重要となります。

 

ほりぴー
ステップ踏んでビジネスを見つける。そしたらあとは売るだけだーーーーーーー!!!

商品を売っていくための5ステップ!

 

スモールビジネスを見つけることができたら次は商品を売り出していきましょう!


  • アンケートとレビューを作成する
  • 商品ラインナップを整える
  • LPを作成する
  • リストを獲得して活用する
  • メルマガなどで継続的に購入してもらえるように

この5ステップで商品を売るために必要な流れを抑えることができます。

アンケートとレビューでニーズをしっかりと知る

Quiz 1373314 1920

まずはお客さんに答えてもらうアンケート・レビューを作成します。

 

自分のサービスを受ける前の人にはアンケートに答えてもらい、サービスを受けた後にはレビューを書いてもらえるような仕組みづくりが大事になります。

 

アンケートはお客さんのニーズを把握することで相手が必要としていないサービスを提供してしまうのを防ぎます。求めていないサービスを提供してしまうのは満足度の低下の一因です。

 

レビューは自分のサービスを受けた後にお客さんがどんな風に変わったのかを把握し、アフターサポートに活用します。

自分のサービスを通じて問題が解決しても新たな問題がまた出てくるものです。レビューで相手がどんな風に変わったのかを把握することで新たな問題に先回りをして解決策を提供することが可能になります。

自分のサービスの質を高めていくためにもお客さんのレビューは貴重なものです。

 

アンケートとレビューですがどちらも自分だけでなくお客さんにもメリットのある形にしなければ答えてもらうことは難しくなります。飲食店でただ置いてあるだけのアンケートに答えたことってありますか?

 

アンケートやレビューに答えることで自分にとってどんなメリットがあるのかをしっかりとお客さんに伝えられるように質問の構成を考えることが重要になりますね。

商品ラインナップを整える

Cherry 2590552 1920

続いては商品ラインナップを整えていきましょう。

自分のビジネス・サービスができてもそれが商品としてしっかりと形になっていなければ販売することはできませんからね。

 

今回は商品を3つ作ります。価格の違う3つの商品を用意します。

3つ作るのはテクニック的な話になるのですが、3つあると真ん中の価格の商品が一番売れるからだそうです。

複数の価格、内容の違うサービスを用意できるとお客さんが求めるそれぞれのニーズに応えやすくなります。

 

フロントエンドとバックエンドを用意しておくというようなイメージでしょうか。

 

価格設定をするときは、その価格の10倍の価値を提供するように意識することが大事。顧客満足度を高める努力を怠らないようにしましょう。

LPを作成する

Keyboard 886462 1920

ここまできたらLP(ランディングページ)を作成しましょう。

 

まあ、ビジネスをして商品を売り込む手法としてLPを作るのって基本中の基本ですよね。だから深くは触れません。とにかく、LP使って商品のアピールをしましょう!

 

LPの書き方、コピーライティングのテクニックはまた後日まとめますね。

まあ、とにかく書きましょ!LP作りましょ!笑

獲得したリストを活用する&メルマガなどで接点を持ち続ける

Technology 2608742 1920

商品を売り、自分のサービスを購入してもらえるようになるとリストを獲得できるようになっていると思います。

 

当然のことを言いますが、リストはとても貴重なもので適切に管理して活用すればとても大きな価値を提供してくれるものになります。

 

そしてそのリストを活用してメルマガなどでお客さんとの接点を持ち続け、再び困った時に自分のサービスを受けてもらえるようにしておきましょう。

 

リストについて、管理方法はたくさんありますがそれぞれのリストを属性別に分けておくのは忘れないようにしましょう。

属性を意識せずにごちゃごちゃのリストを作ってしまうとその人が欲しいと思っていない情報のメルマガを送ってしまったりしかねません。信用・信頼を損なってしまいます。

 

リストを適切に管理して、大いに活用することでお客さんとの関係を一度きりで終わらないようにしましょう。

 

ほりぴー
お客さんの声をしっかりと聞き自分が提供するサービスに役立てる。顧客の声をしっかりと拾い上げるのは満足度を高め、自分の単価を高めていくために重要なことだそうです!大切にしなくっちゃですね!

まとめ〜今日学んだこと〜


  • 切り口次第で身の回りのものはビジネスとなりうる
  • 自分のスモールビジネスの見つけ方
  • 商品を売り、それを一度きりで終わらないようにする秘訣

今日学んだことです!

正直、0→1でビジネスを立ち上げた経験がないので自分でも想像できないことがたくさんありました。

今日学んだことを実践して初めて価値があります。とにかく実践の場を作る!やるやるやるっ!!!

 

 

以上、ありがとうございました。